合理的な理由よりもシナリオを押しつける政府

「森友」「加計」「自衛隊日報」について、毎日のように新事実が発覚して
目も当てられない。
ぐるぐる回る大縄飛びに入るタイミングを見定められないように、
どの時点でブログを書いたら良いのかが分からない。

ただ、どうやら政府としては、「官僚が暴走してやったこと」「自分たちは被害者」
というシナリオを貫きたいらしい。
財務省の太田理財局長が森友学園との口裏合わせが存在したことを認め、
自民党西田昌司参議院議員「バカか」と罵倒してひんしゅくを買ったが、
これも「答弁を引き出したのは、他ならぬ自民党ということをアピールしたい
という意図が存在するのではないか、と毎日新聞は論じていた。
つまり、悪者は官僚であって、政府はその不正を暴くのには積極的である、と
国民に見せたいのだ。
相当に国民はなめられている。

これらの疑獄や不祥事について、国民が求めているのは真相だが、
その中には「何故、そんなことを?」という理由も含まれている。
森友問題に関しては、我々の血税や国民の共有財産である国有地が不当な扱いを
されているのだから、「何故?」という疑問は真相の根幹に関わってくる。

では、財務省が勝手にやったこと、という安倍政権とそのシンパの説明に
納得できるだろうか。
もちろん、できない。
何故なら、財務省にはそのようなリスクを冒す理由がない。
麻生太郎はしきりに「佐川事件」と強調していたが、佐川宣寿であれ
迫田英典であれ、籠池泰典に便宜を図ってやる義理などない。

元よりあの国有地は早々に売却したかったものだ、というが、ならば森友学園よりも
先に購入を申し出た大阪音大に売却していればよかったではないか。

あの時点では、確かに「表層部分のゴミ」は確認されており、それが値引き交渉の
根拠にもなったというが、さすがに8億円もの値引きには到らないだろう。
その売買契約が成立しなかった理由も不確かだが、
その後に登場した森友学園――資金繰りが悪く、一括購入できず割賦にしてもらい、
さらに値引きをどーんと要求してきた――に特別待遇で売却した理由は
もっと分からない。
常識的に考えれば、高く売れる方が良いはずなのに、わざわざ「安く買いたたこう」
とする森友に対して、不正を犯してまで払い下げを強行する理由などない
のだ。

政府と安倍シンパは、これが真相なのだという。
数々の矛盾点は、全て朝日新聞を始めとする「左翼メディアの捏造」なのだという。
「安倍夫妻はシロ」というのが大前提であり、ここは絶対に動かすことが
できないのだ。

まさに安倍晋三を教祖とあがめるカルト教信者ではないか。

ちなみにこの信者の中には、稀代のバカ議員だった杉村太蔵や育休不倫をしでかした
宮崎謙介も含まれる。
以下、テレビ番組での発言
杉村太蔵意外と官僚だけが暴走してしまうってこと、あるんですよ」
宮崎謙介「(昭恵批判に対して)まるで魔女狩りみたいですよね」

さらに、維新の会の馬場伸幸幹事長は、毎日新聞のインタビューに対して
このように答えている。
「安倍政権の体質ではない。(中略)安定政権が続き緊張感が緩み、役人の感覚が
まひしている霞が関の体質の問題だと思う。
ちょっとぐらいいいかげんなところがあっても強い政治力で押し切ってもらえる
という気持ちが緩みにつながっている」
安倍晋三首相が私利私欲で私腹を肥やしていると国民が判断すれば
支持率はもっと下落しているのではないか。
しかし、支持率を見る限り、何かおかしいが、首相はやれることはやっている
という評価なのではないか」

維新の会は「与党に対して是々非々」というスタンスらしいが、
重要な局面では「是」しか発しない政党である。
しかも、政界を引退したという橋下徹は、フジテレビの『Mr.サンデー』で
「忖度は、民主主義の理想のかたち」と言って、安倍夫妻を全面的に擁護した。
他にも、足立康志というろくでもないネトウヨ議員も擁しており、
維新の会は党全体で「自民党を忖度している」という、羊の皮を被った過激派
であることがよく分かる。

安倍信者の主張は、非常識で無理を通そうというものばかりだ。
彼らの根拠は安倍晋三がそのように言っているから」という信仰心だけである。
そして、その行動規範は安倍晋三に都合が悪くならないように」という
忖度だけである。
いい年した大人が、それで「保守」と名乗って恥ずかしくないのだろうか。
常識ある次世代の人間に論破された時、存在理由を見失わないで
いられるのだろうか。
最終的に地下に潜るのであれば、彼らがさんざん叩いてきた「かつての左翼」と
同じではないか。