Abe Shinzo is crazy for America

衆院選後、「謙虚」を連発して神妙な表情をしていれば大丈夫、という
逆説的な「傲慢」に浸っていた安倍晋三だが、簡単に化けの皮が
剥がれてしまった。
イバンカとドナルドのトランプ親子が来日したのを受けて、
はちきれんばかりのホクホク笑顔を晒していた。
アメリカ様に気に入られてボクも嬉しいワン! と言いながら、
尻尾を振りまくっている姿が透けて見える。
ここまでアメリカに従属することを良しとした首相が、これまでに
存在しただろうか。

マスコミはトランプ大統領と早速ゴルフにいそしんだことを指して、
「ゴルフ外交」と称しているが、あれは「外交」ではない。
「接待」である。

トランプの要望に応えて、松山英樹プロも参加させられたということだが、
民間人を「外交」の場に加えるのは極めて異例だろう。
アメリカ様に喜んでいただくためには、日本人では世界ランキング最上位の
プロゴルファーでさえも、強引に従えさせるのだ。

しかも、安倍はトランプにゴルフキャップをプレゼントしたという。
そのキャップには、金の刺繍で
「ドナルド&シンゾー、同盟をより偉大に」
というメッセージが縫い込まれていた。
まるで安倍とトランプが日米両国を私物化しているかのようなイメージ
想起される、実におぞましいメッセージである。
これに何の嫌悪感も抱かない方は、常識的な感覚が相当に退行している、
と言ってよい。

晩餐会には日本の著名人も招待されたが、そのうちの一人が何とピコ太郎だ。
これまた、トランプが「孫娘がファン」ということで、特別に招かれたという。
トランプが直接名指しで指名したのか、日本政府の方が「忖度」したのかは
不明だが、何とも情けない話である。
青木功氏のようなレジェンド級のプロゴルファーならば大いに結構だが、
格下であるお笑い芸人を招くことが恥だと思わないのだろうか
まさに「接待」スタンス一本槍である。

翌日に日米首脳会談が行われ、安倍は相変わらずホクホク顔で
「今は対話ではなく、北朝鮮に最大限の圧力をかけるときだ」
「今後取るべき方策について、完全に見解の一致を見た」

と、これまでとさほど変わらない、電話会談でも充分な程度のコメントを発表。
ところがトランプは、
「日本との貿易は公正、オープンではない」
「首相は米国から大量の防衛装備を購入するようになるだろう」

と、予定外かと思われる爆弾発言を披露した。
即座に安倍は、
「日本の防衛力を質的にも量的にも拡充していきたい。米国からさらに
購入していくことになるだろう」

と無抵抗に是認してしまった。

しかもトランプは、昨年11月の安倍との就任前会談について、
当初は積極的ではなかった
ことを明らかにした。
安倍から当選祝いの電話を受けたとき、「なるべく早くお会いしたい」
と言われ、「いつでもいい」と回答したが、それは1月20日の大統領就任以降の
つもりだった
という。
ところが、安倍は「今すぐにでも」と非常に積極的だった。
側近は「適切なタイミングではない」と言ったため、トランプは断りの電話を
入れようとしていた。
しかし、安倍はもうニューヨークに向かってしまっており、断りの電話が
間に合わないとのことで、やむなく会うことになったという
これまた、「トランプ様! トランプ様!」と尻尾を振りまくる安倍の姿
浮かび上がる構図である。

また、トランプに先んじて来日したイバンカ大統領補佐官に対しても、
「何で、ここまで?」と感じるぐらいの厚遇ぶりを披露。
正直言って、イバンカは何しに日本に来たのか、全く不明であった。
懐石料理を食して「ワンダフル」という素っ気ないコメントを発し、
明くる日に「女性の社会進出について」と題した講演を行ったぐらいしか、
ニュースでは報じられていない。
それでも安倍は、イバンカと並んでホクホク顔だった。
肩書きは首相の方が上であるにも関わらず
「ボクのおもてなしを気に入ってくれて、実に光栄」
と言わんばかりの従属ぶりだった。

こうした安倍の対米従属は、今に始まったことではない。
集団的自衛権行使の容認、そしてそれを受けた安保法制の立法は、
アメリカからの要請に応えたものである。

安保法制については、安倍は2015年の春頃にアメリカの上院議会で
「夏までに安保法制を成立させる」
と勝手に宣言してしまった。
9割近くの憲法学者が「安保法制は違憲」と回答してもなお、
強引に成立させたのは、アメリカに対する自身の面目を保つためである。

安保法制成立後、ジャーナリストの田原総一郎氏が
「次はいよいよ改憲ですね」
と問うと、安倍は
「実はその必要がなくなった。安保法制成立で、アメリカがうるさく言って
こなくなったんだ」

と答えている。
ここで言う「改憲」は当然ながら「9条」を念頭に置いたものだろうが、
それに着手するか否かの基準は、何とアメリカからのプレッシャーだったのだ。

現在の日本国憲法GHQからの押しつけだから、という理由で改憲を悲願と
していたはずだが、何のことはない、現在もアメリカからの押しつけに
嬉々として従っているのだ。

今年になって、安倍が「自衛隊明記」の「加憲案」をぶちまけたのは、
現状のまま自衛隊を安保法制の下で活動させることに対する批判を避けるため、
と言われている。
9条2項の「戦力不保持」を維持したまま、自衛隊の規定を3項に加える
というのは大きな矛盾をはらんでおり、自衛隊の活動の危険性を確定して
しまうのだが、安倍にとってはそんなことはどうでもよいらしい。
ただただ、アメリカ様に気に入られればそれでよいのだ。

安倍晋三はアメリカファーストの
首相である。

日本の国益よりも、アメリカの事情を優先する
国賊である。

こんな人間は、保守ではない!
日本の国体を破壊し、アメリカの属国化を進行させる安倍晋三は、
とっととアメリカに帰化すればよい。

アメリカに媚びる「名誉白人」を権力の座から追放せねばならない!